So-net無料ブログ作成

ライブ前に何かしたくないか? [ライブ!]



アーティストや声優に任せて、
歩み寄られるのを待っているだけでいいのか?

それで、本当にライブを楽しめるのか?


今回は、より今までよりもライブを楽しむ方法を
伝えていく。

これを知らないのなら、
あなたはまだライブを楽しんだことにはならない。

さらには、会場にいる同志やアーティスト、
声優と一体にはなれていないだろう。


ではどうすればいいのか・・・?


方法は二つだ。

まずは、きちんと歌ってみること。

その次は、
あなたが好きなそのアーティストや声優の
自伝を探してみることだ。


この記事では、歌うことについて書いていく。
自伝は次の記事に譲ることにしよう。


きちんと歌うとはどういう事か。

ライブ前に歌が上手くなれと
言っているのではない。


歌うとは、自分と繋がり、
それを通して目の前の人や
まだ出会ったことのない人と繋がることだ。

決して、正確な音の高さ、正確な音のタイミングで
音を発することではない。

そんなことばかりしていると、
あなたは技術面でしか評価されない人となってしまう。


大事なことを言おう。

人と繋がるには、まず自分と繋がることだ。

歌においては、自分が何を歌っているのか、
どういう言葉をどう発していて、どう伝えたいのかを
理解していることだ。

これを実現させるために、
まずは歌詞を書きだしてみよう。

流し読みではいけない。実際に書いてみて、
きちんと解釈してみるのだ。

歌を伝えるというのは、あいまいな理解だ。


だから、歌詞の内容を伝えよう。


その感覚をつかんだら、

歌詞の内容に沿った、一つ一つの言葉を伝えるように
歌ってみよう。


これをすることで、
あなたは感じる力が増すのだ。

自分が何を大切にしていて、どう生きてきたのかがわかる。
それは残酷なことかもしれないが、
それを通して自分と繋がることができる。

そして、自分と繋がれたあなたは
今度は人と繋がれる。

自分はこうして生きたということを、
歌を通して感じられる人は、

人が何を大切にしていて、どう生きてきたのかを
歌を通して感じられるようになるのだ。

CDではこう歌っていたけど、
本番ではこう歌っている。

それは、多分こういう事を伝えたいと
アーティストや声優自身の考え
変わったからだろうなと感じられるはずだ。


それが、歌を聴く、歌うということだ。


ライブを、今までよりも楽しもう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。