So-net無料ブログ作成

ライブ当日! [ライブ!]

・ライブの楽しさというのは、ライブの前から始まっている。


前回のラ〇ライブ!

あなたはライブに参加するただの受け手ではない。
一緒にライブを作り上げていく当事者なのだ、という話をした。


今回は、今までの大まかな流れを追う。
次に、当日のあなたの会場入りまでを書いていこうと思う。


<今までの大まかな流れ>
あなたの好きなアーティストや声優から
あなたに向けてライブの告知がある。

そして、その告知内容に沿った
ライブの日時やチケット入手方法がある。

行くと決めたあなたは、
スケジュールを固めるために、
その日は予定が入らないようにする。

もし入っていたら嘘をついてでもそれを断る笑

チケットを応募し、見事選考入りする。

ライブの日を意識したうえで、その日が
近づくことを感じる。

それにあわせて、そのアーティストや声優が
告知を高頻度で出してくれる。
バイタリーティーはどんどん上がり、

周りもそれに影響される。

その渦に、あなたは今、いる。

<そして、いよいよ当日!>
さぁ、いよいよ当日だ!
前日は興奮で6時間しか眠れなかったろう!
それがいいのだ!

おそらく、あなたが好きなアーティストや声優も、
同じように興奮と緊張があったはずだ。

それを、今まさに追体験しているのだ!

<当日の会場の空気>
さぁ、起きたあなたは、
おそらく会場まで待てない。

だから、外にとりあえず出てみる。

ライブ会場の近くにまで行ってみる。

そうしたら
なんとなく感じる。

「あれ・・・?あの人たちもライブ行くのかな?」

これは経験してみないとわからないのだが、
同じものが好きなのだというオーラを感じる。

それは、おそらくあなたも、
そしてあなたが観ているその人も

同じことを考え、感じている部分が多いからである。

これは、直感的に分かる。

おそらく、会場ではなくとも、
電車の中にいる段階で、
「あれ?この人も同じライブに行くのかな?」
ということに気が付くだろう。

そして、その的中確率は異様に高いのだ。




<目で観て、耳で聴くのではない。
身体で観て、身体で聴くのだ>

こういった同好の、
まだあったことも話したこともない同志と
出会える。

そして、それは出会う前から、
話す前からわかっていることでもあった。

同じものを聴き、同じところに
同じ時間に集まるなんてことは
そうそうないのだ。

今、あなたの近くにいるその人を、
一緒にライブに参加するその人を
きちんと感じてほしい。

どういった形でそのアーティストや声優を
好きになったのか。

そして、好きになってどう人生が変化してきたのか。

そういったストーリーが、
あなたやアニメのキャラクターにあるように、

その人にもあるのだから。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。